株とFXの違い

このページでは、株とFXのそれぞれの特徴について説明し、両者の違いを説明します。

株とFXの特徴と違い

投資をするならFXがいいのか、株がいいのかと迷っている方もいると思いますが、そもそも株とFXの違いとは何なのでしょうか?

株とFXの違いを比較

  FX
投資の対象 通貨 企業
投資対象数 50通貨 4,000社以上
変動の要因 金融政策などマクロ経済的 企業業績などミクロ経済的
値動き 年間30%くらいまで 年間100倍も有り
レバレッジ 25倍 約3.3倍
金利受取時期 毎日 年2回
取引時間 平日24時間 9時~15時(昼休み除く)

投資の対象

FXは為替投資なので各国の通貨に対して投資しますが、株は企業に対して投資します。

投資対象数

FXは通貨に投資しますが、実際に投資できる通貨は世界の基軸通貨米ドル、日本円、欧州ユーロ、英国ポンド、カナダドル、NZドル、豪ドル、南アフリカランドの8通貨くらいです。

最近ではマイナー通貨と呼ばれるシンガポールドル、香港ドル、人民元、ノルウェークローナ、メキシコペソ、トルコリラも売買できるFX会社があるのですが、流動性が低く不安定なので、個人投資家は手を出さないほうが良いでしょう。

株式の投資対象は日本株でも約4,000種あり銘柄絞り込みが大変ですが、その中には大きく上がる株がいくつもあります。自分の得意分野や好きな業種に絞れば20銘柄くらいに絞ることができます。

変動の要因

FXの場合は通貨国の経済や金融政策に大きく関係してきます。カナダドルの中央銀行が利上げするとカナダドルが多く買われ、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和の場合ではユーロが多く売られます。

変動要因にはそのほかにインフレ(CPI)、GDP、雇用、個人の消費などがあり、マクロ経済的です。株の場合は企業の業績が大きく関係するので、予想以上の決算だと連日ストップ高(株価が1日の値幅制限まで上昇)になり、関連会社の株価も高くなることがあります。

また海外にも手を広げているグローバル企業は海外株式市場の変動にも連動し為替も関係するので、円安になると株価が上昇しますし、小麦など材料をを海外から輸入している会社では小麦価格にも影響します。そのため株の場合はミクロ経済的だと言えます。

値動き

かつて1ドル360円という固定相場の時代がありましたが、変動相場の最近は1ドル100円程度で、1日の値動きは1%~3%でたいして動きません。そのためFXはレバレッジという取引会社に預けた保証金の数倍から数十倍の取引が出来るというシステムを使うことができます。

また買いたい時に買えて、売りたい時に売ることもできます。株価は為替と比べると大きく動き、1年に10倍になることもありますが、反対に1年で半分以下になってしまうこともあるので、銘柄によってはハイリスク・ハイリターンと言えます。

レバレッジ

FXでは最初に取引会社に証拠金としてお金を預けることで、証拠金の25倍(海外では数百倍もあり)の金額で取引ができます。これをレバレッジといいます。FXでは商品売買のように、その都度金銭の受け渡しをせず取引で生じた差額を決済する差金決済なので少額取引が可能です。

例えば1ドル100円レートで100万円分、1万ドル買っても100万円を実際に渡すわけではありません。その後レートが1ドル110円にあがり、1万ドルを売ると110万円になりますが、この場合でも110万円を受け取るわけではなく差額の10万円分だけ受け取るということになるからです。

株式の取引では自己資金の3倍までの取引ができますが、6ヶ月以内に清算の義務があり、金利の支払いも発生します。

金利受取時期

通貨にはそれぞれの国の金利があります。日本の金利は年0.5%ですが米ドルは2.0%、豪ドルは7.25%、ユーロは4.0%という高金利です。

この2通貨間の金利差を「スワップポイント」といい、FXでは低金利の通貨を売り高金利の通貨を買ってポジジョン(外貨の残高)を維持すると、維持した金額と期間分スワップポイントを受け取れる仕組みがあり、金利差を365日で割ったものを営業日ごとに受けとることができます。

株式には配当金がありますが、4%という高配当の企業もあります。配当金は年に1回か2回もらうことができます。

取引時間

FXは平日なら24時間売買できますが、株式の取引は一般に午前(前場)は9時~11時30分、午後(後場)は12時30分~3時です。また証券会社によってはPTSという夜間取引やデイタイムセッション取引もあります。

あなたにおすすめの株式解析ソフトがきっと見つかる! おすすめ株ソフト完全ガイド
ページの先頭へ▲