HOME » まず抑えておきたい株の入門講座 » リスクとその対策法

リスクとその対策法

このページでは、株取引には利益だけではなくリスクがあること、そのリスクヘッジの方法について解説します。

株のリスクとリスクヘッジ(回避方法)

企業の業績悪化を事前に知る

株は購入価格よりも高く売れれば差額が利益となりますが、購入価格よりも株価が下がれば元の資金が減ってしまうという元本割れのリスクがあります。銀行預金の場合は預け入れたお金が減ってしまうことはないので、この点が株との違いといえるでしょう。

しかし、株にはリスクに見合うリターンがあることも確かです。銀行の利息で1万円儲けようとしたら大変なことですが、株ならすぐにでも儲かることがあるからです。

株には儲かるか損するかしかないので確率としては5割ということになりますが、株価の動きには規則があるので、規則に合わせて株を購入すればリターンを高くすることができます。

しかし株価が予想に反して下がってしまった場合はリスク(損失)となります。また、株価が下がるだけでなく、その会社が業績不振で倒産してしまった場合、株の価値はゼロとなってしまうので、これが一番怖いリスクといえるでしょう。しかし企業が倒産することは滅多になく、倒産する前には色々な兆候があるので事前に回避することが可能です。

企業が上場廃止しても株は売買できる?

企業は上場廃止することもあります。これは会社が存在していても株式市場で株売買ができなくなってしまう場合で、最近ではライブドアなどの例のように突発的なことが原因であることが多いので、なかなか回避するのは難しいです。しかし、上場廃止前に株の売買期間がありますし、再上場することもあり、突然資金がゼロになってしまうということはありません。

一番重要なリスクヘッジとは?

株にはリスクがあり、それを回避しなければ収益をあげることは難しいです。株の購入を決めたらリスクヘッジについても考える必要があります。

そのためには、複数の投資先に資産を分散させる分散投資で損失を多くしないようにすることも重要ですが、なにより、それ以前に「重要なお金には手を付けず、生活に支障のない金額で投資をする」ということが一番のリスクヘッジだといえるのではないでしょうか。

あなたにおすすめの株式解析ソフトがきっと見つかる! おすすめ株ソフト完全ガイド
ページの先頭へ▲