HOME » まず抑えておきたい株の入門講座 » 株式投資で得られるリターンとは

株式投資で得られるリターンとは

このページでは、株式投資で得られるおもな3つのリターンについて解説します。

株式投資で得られるリターン

株式投資で得られるもの(リターン)には「売買益」、「配当金」、「株主優待」の3つがあります。売買益はキャピタルゲイン(capital gain)と言い、配当金、株主優待はインカムゲイン(income gain)と言います。

売買益

売買益とは株式を売買することによる差額で得た利益で、簡単に言えば、株価が安い時に株を買い、株価が高くなった時に株を売った場合の差額のことです。例えば50万円で買った株を70万円で売った場合、20万円の売買益(キャピタルゲイン)を得たということになりますが、株の醍醐味はここにあります。

あまり売れていなかったゲーム会社の株を100万円で買ったところ、翌年に、あるゲームが爆発的ヒットし、株価が3倍になり、そこで売却して投資リターンが300%という例もあります。しかし、これは滅多にあることではないので、過剰に期待するのは危険です。

また、短期間でも株価が上がることもあります。1株500円の株を1000株買い、翌月に1株600円になった時に売却した場合、10万円の売却益が出たことになります。株の売却益は、株式投資リターンの中心と言えるものでしょう。

配当金

配当金とは企業が獲得した利益を一部、株主に還元するもので、保有している株数に応じた配当金をもらうことができます。配当金の年平均リターン率は大体1~2%くらいですが、4~5%という企業もあります。

最近の銀行金利よりも利回りが良いため、配当金目当てで株式を購入する投資家も多く、投資のリターンは配当金をもらうことで一番実感できるかもしれません。

株主優待

株主優待とは企業が株式を保有している投資家に対し、その企業の製品詰め合わせ、商品券、割引券、交通定期券、劇場招待券、映画観賞券、化粧品、航空機チケットなどを送るというもので、企業からのお歳暮のようなものです。

株主優待は企業によって異なり、保有株数によっても内容が変わることがあります。株主優待を目当てに株を購入するという女性や主婦の話も良く聞きます。

あなたにおすすめの株式解析ソフトがきっと見つかる! おすすめ株ソフト完全ガイド
ページの先頭へ▲