銘柄の選び方

このページでは、儲かる株式銘柄の選び方について説明します。

株式銘柄の選び方

株式市場には数千社の上場会社があり、どんな会社の株式を購入すればいいのか途方に暮れてしまう方も多いのではないでしょうか。株で儲けるためには銘柄選びがとても重要ですが、購入する株式の銘柄選びは何をポイントにして決めればよいのでしょうか?

1.興味がある業界や好きな業界の企業を選ぶ

まず最初に自動車が好きなら自動車業界の会社、映画に興味があるなら映画業界の会社、外食が好きなら飲食業界の会社を選ぶようにしましょう。興味がある業界のことなら情報が得やすいですし、親しみを持つことができ、投資をして応援しようという気持ちにもなります。

反対に興味のない会社を選んでしまった場合、難しい経済情報を見て、やる気がなくなってしまうこともあります。最初にどんな会社を応援したいのか、よく考えて銘柄を探してみると、楽しく株を続けることができます。

2.財務状況がしっかりした会社を選ぶ

興味がある会社を選んだら、次にその会社の財務状況(業績)がどうなっているのか調べてみましょう。いくら有名で大きな会社でも、借金があったり毎年赤字だったりするかもしれません。そういう会社は人気がなく、株も買われないので株価も上がりません。

会社の財務状況を知るには上場企業の財務状況をまとめて定期的に発行している「会社四季報」という本を使うのが一番です。上場企業の財務状況を無料で閲覧できる証券会社もあるので、会社四季報を毎回買うのは出費がかさむと思う場合にはそういう証券会社を選ぶという手もあります。

財務状況以外にも、将来性、話題性についても確認し、数社の会社に絞りこみます。

3.最もお買い得な銘柄を選ぶ

絞り込んだ会社について、どこの株が一番お買い得なのかを考えましょう。これを判断するための一番ポピュラーな指標はPER(Price Earnings Ratio:株価収益率)です。

PERとは株価が高いか安いかどうかを企業の利益(当期純利益)に着目して考えるもので、企業の利益に対し株価がどのくらい買われているのかを表し、以下の計算式で求められます。

PER=現在の株価÷一株あたり利益(EPS:Earnings Per Share)
※一株あたり利益(純利益=税引き後利益純資産÷発行済み株式数

または

PER=時価総額(株価×株式の発行数)÷発行済み株式総数

何か難しいように思うかもしれませんが、簡単に言えば2つの企業のPERを比較した場合、数値の低い方が割安でお得であるということになります。

もちろんこれだけで決めるというわけではなく、買うべきタイミング、将来の予想なども合わせ総合的に判断する必要もあるわけですが、PERを見ればこういうことがわかるということを知っておけば、効率的に銘柄を選ぶ手助けになります。

あなたにおすすめの株式解析ソフトがきっと見つかる! おすすめ株ソフト完全ガイド
ページの先頭へ▲