HOME » 株ソフト一覧 » マルチチャート

マルチチャート

こちらではマルチチャートの特徴、ラインナップ、サポート情報、利用者の口コミ、会社情報について紹介します。

マルチチャートの特徴

自動売買ソフトマルチチャート日本語版は、世界的システムトレードソフトのトレードステーションの言語と互換性がある投資戦略プログラム言語PowerLanguage(パワーランゲージ)を搭載。ストラテジー開発だけではなく完全自動売買ソフトとして使えます。

世界中の株式・先物・FXなど多様な市場に対応し、多種多彩なチャートが装備され、独自テクニカル指標や売買プログラムをデザインでき、IB証券や自動売買対応ブローカーと完全自動売買を実行できるなどの特徴があります。

また、リアルタイムデータだけでなく、ヤフーファイナンスなどの外部の長期データも取り込んでチャートに表示でき、実際に投資をする前に市場分析が出来るバックテスト機能もあるので、実際の取引も安心して行えます。

マルチチャート日本語版

  • 12ヶ月版 82,080円

サポート情報

●サポートできる範囲は初期設定など(電話サポート無し)

利用者の口コミ

売買ルールの検証が重要なので、ずっと使うことを考えるとコストパフォーマンスが高いです。いくつかの株分析ソフトを試してみましたが、マルチチャートのコスパの良さが気に入っています。

イージーランゲージの勉強をしながら自分用投資戦略を作っていますが、高性能な機能が豊富で使い切れないくらいです。

FX取引に使っていますが、手数料やスリッページを考慮できるところが素晴らしいと思います。最近はもっぱら、この株ソフトを使っています。

戦略設計が自由で使って楽しいシステムトレードソフト。プロが利用している理由が分かります。

株、FX、先物、コモディティに対し自動売買など、トレード対象が増えたのが嬉しいです。ある程度自由に使えるので、初心者よりは経験者向きかと思います。

会社情報

  • 会社名:パンローリング株式会社
  • 所在地:東京都新宿区西新宿7-9-18 第三雨宮ビル6F
あなたにおすすめの株式解析ソフトがきっと見つかる! おすすめ株ソフト完全ガイド
ページの先頭へ▲