不動産

このページでは、「不動産投資」とはどんな方法なのか、そのメリットとデメリットについてまとめています。

不動産投資とは

アパートやマンション、駐車場などを所有し、オーナーとして賃料を得る方法を「不動産投資」といいます。投資方法のなかでは、一番馴染みのあるもので、親近感がわくかもしれません。しかも、基本的にゼロになるリスクもありません。

とはいっても、土地や建物を所有するには始めの頭金がたくさん必要だ…と思う方も多いでしょう。しかし、ローンの金利さえ低ければ、毎月の賃料をローンの返済にそのまま充てられるため、大切なのは計画性ということになります。

もちろん、ローン完済のあとは毎月の賃料が「不労所得」ということになります(管理費や諸々は必要ですが)。おもにメジャーな不動産投資は下記のようなものです。

アパート経営

もちろん、アパート経営にも賃料の下落や空室などのリスクはあります。が、基本的には安定度の高い不動産投資といえます。アパート一棟を購入し、その部屋を貸し、月々固定で収入があります。

駐車場

基本的には土地代だけなので、不動産投資のなかでは一番初期投資が安く済む方法。反面、立地を選ぶのがきわめて重要で、不便な場所では月極めでも時間貸しでも大した収入を得られないこともしばしば。

貸し倉庫

家に十分な収入スペースが無い人に対して、倉庫をレンタルすることで収入を得る方法。最近では「トランクルーム」などと呼ばれます。

不動産投資のメリットとデメリット

継続して利益をあげていくためにも、メリットとデメリットを十分に理解しておく必要があります。

メリット

  • 長期間、安定収入が得られる。しかも基本的な労力は管理することですむ。
  • 自分の判断で投資の効率をあげることができる。賃料の値上げや入居者の選定など、自分の判断で決めることができる。

デメリット

  • まとまったお金が必要なので、多くの場合は借り入れをして始めることになる。
  • 投資を始めたばかりの時期は、儲けとして残る分は少ない。
あなたにおすすめの株式解析ソフトがきっと見つかる! おすすめ株ソフト完全ガイド
ページの先頭へ▲