HOME » その他の投資方法と比較 » 確定拠出年金

確定拠出年金

このページでは、「確定拠出年金」とはどんな方法なのか、そのメリットとデメリットについてまとめています。

確定拠出年金とは

あまり馴染みのない「確定拠出年金」とは、最近できた新しい私的な年金制度のこと。国民年金や厚生年金が脆弱になってきたことを受け、それらを補完する意味で作られました。

とくに「個人型確定拠出年金」は、フリーランスや個人事業主の老後を支えるしくみとして、今大変注目を浴びています。公務員やサラリーマン、専業主婦などは加入することはできません。

具体的には、掛け金を資産運用し、それで得た利益を将来の年金として使っていくというもの。「年金投資」とも呼ばれています。

加入すると自分の判断で運用していくことになり、万が一のときは自己責任ということになりますが、受取額が固定されている年金商品と違い、インフレにも対応できます。

確定拠出年金には3種類

  • 老齢給付金…60歳から受給できる
  • 障害給付金…高度高齢時
  • 死亡一時金…死亡時

年金商品とは?

そもそも「個人年金保険」には、「定額」か「変額」の2種類があります。

定額のほうは利率が決まっており、加入時に受け取る額もあらかじめ決まっているもの。一方、変額のほうは保険会社の運用益次第で受け取る額が変わり、まるで投資信託をしている感覚に近いといえます。

確定拠出年金のメリットとデメリット

継続的に安定して投資を続けていくためにも、年金商品や確定拠出年金についてしっかり理解する必要があります。ここではメリットとデメリットについて、紹介します。

メリット

  • 毎月の掛け金は、全額が所得控除の対象となる。
  • 個人型の確定拠出年金で運用される「投資信託の分配金」や「定期預金の金利の運用益」などは非課税になる。

デメリット

  • あくまでも年金なので、途中で解約して現金化することはできない。
  • 利用には毎月の手数料がかかる。
  • 厚生年金がある会社に転職した場合、資格を失う。

 

あなたにおすすめの株式解析ソフトがきっと見つかる! おすすめ株ソフト完全ガイド
ページの先頭へ▲