FX

このページでは、FXとはどんなものなのか、またそのメリットとデメリットについてまとめています。株取引初心者の方は必見です。

FXとは

ドルや元など外国の通貨を売買して、その差額で利益を出す取引をFXといいます。FXのほかに、「外国為替保証金取引」や「外国為替証拠金取引」ともいいます。

たとえば1ドル100円のときに10万円をドル建てで預金すると1000ドル。それを1ドル110円のときに引き出せば11万円になり、1万円の利益が生まれます。

このようにしてFXでは、差額をうまく生み出すことで利益を大きくしていきます。当然、大きな利益を得ようとすれば、その分リスクも高くなります。

FXのメリットとデメリット

取引を継続していくためにも、メリットとデメリットの両方をしっかりと理解しておく必要があります。

メリット

  • 1万円程度の小額からでも取引を始めることができる。始めやすいので初心者でも始めやすい。
  • FX取引は時間の拘束を受けないので、平日なら24時間いつでも取引をすることができる。
  • 株式のように莫大な数のなかから投資対象を選ぶわけではなく、対象が主要な通貨に絞られているのでやりやすい。
  • 世界中に参加者が多くいるので、取引相手がみつかりやすい。また、レバレッジにはリスクがあるが、その分プラスになったときのリターンも多くなる。

デメリット

  • 資金を預けているFX業者が倒産した場合、預けていた自分の資金が返ってこないこともある。
    →信託保全を取り入れている業者を利用するのがベター。
  • 人災や自然災害などをきっかけにして、突如保持している通貨が暴落する恐れがある。
    →「逆指値」という「ここまで下がったら自動で決済」というのを設定しておけば安心。
  • FXはレバレッジの高い商品なので入金以上のリターンを得られる一方で、入金以上の資金を失うことも多くある。
    →レバレッジをかけるとしても3~5倍にして、無理のない取引をする必要がある。
あなたにおすすめの株式解析ソフトがきっと見つかる! おすすめ株ソフト完全ガイド
ページの先頭へ▲